2009年07月12日

事故後帰宅

家に帰ると咳きをするだけで右骨盤の角あたりが痛む。
右骨盤が痛くならないよう庇いながら咳をしてみる。
これがかなりの高度な不思議な技術がいるのであるが、とにかく痛い。痛いが眠いので寝てみた。

翌日、家のチャイムを鳴らす音がする。
起きたくないが、仕方なく応対に出るとそこにいたのは昨日のタクシーの運転手と怪しいおっさん!!!。話を聞いてみると事故係だそうだ。
こんなむさっくるしいおっさんを我が家に入れたくないため、お見舞いの茶菓子も受け取らないまま近所の喫茶店に場所を移す。

まずは昨日の事故の振り返り。
@タクシーは右折しようと第二車線で右ウィンカーを出していた
A左前方に手を上げるお客を発見したため「ハザードを出して第一斜線へ移動した」
B私を巻き込み事故

以上が共通の見解である。タクシー会社事故係のおっさんの主張は9:1
物損に対するタクシー会社の責任割合が9、私が1と言う主張。
対して、私の主張は10:0。ハザードはその場で停車を合図するものであり、第二車線でハザードを出したのであればその場でとまらなければならない。第一車線に入ってきて停車するのであれば、左後方の安全を充分確認した上で左ウィンカーを出してから第一車線に移動し、その後ハザードを出して停車すべきだからである。

当日はここでタクシー事故係のおっさん。が会社に持ち帰り検討しなおした上で1/5の日に私が病院へ行く際に再度話し合うということでお別れした。
この時までは私は相手の事を以外と信頼できる人かもしれないと思っていたのだが、後日話は急転。
つづく

スポンサードリンク



posted by YAMAHA at 01:38| Comment(0) | タクシーと交通事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タクシーと交通事故

それは2008/12/30夜の事。大通りを北上中に一台のタクシーが前を走っていた。「タクシーは危険・・・」私は警戒しつつ後ろを走る。
タクシーが右ウィンカーを出し右折準備車に並んだ
「これで大丈夫だな」と思った私は信号を確認し直進しようとした

するとどうだろう。信号のわきに女性が二人立っていて
手を上げている「やばい」案の定タクシーが突然横から幅寄せしてきて巻き込まれました・・タクシーに左方から衝突される私・・・倒れるわたし。「きゃー」と楽しそうに?叫ぶ手を上げた女性
心の中で「きゃーじゃないよ。お前のせいでもある・・」ふと思いつつも目の前は信号である。

下手に進んで第二の事故になったらなどと考える時間はないが
考え倒れる私。タクシーは停車した。わたしのバイクも転倒。
俺のバイク!俺の怪我!!「なにをするだあ」と怒りつつ、タクシー運転手の免許を差し押さえ、
警察に連絡。救急車も連絡。体が痛い。血も出てる。

警察にタクシーの運転手の名前、わたしの名前、相手のナンバー
事故の状況を伝えつつ自分の単車を起こし、歩道にあげる。
傍観するタクシー運転手・いらいらいら・
救急車が先に到着し、救急車にのる私
タクシー運転手に警察に報告するよう言付けしつつ、
救急車に乗り込む私、大丈夫。あるける・骨折はしてなさそうだ

スポンサードリンク



posted by YAMAHA at 01:33| Comment(0) | タクシーと交通事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月10日

交通事故後の病院

病院についてレントゲンをとってもらったがやはり骨折はしていない。一安心。
だが、当直医が言った一言が気になる
「首が通常より伸びている感じ、なので鞭打ちかもしれませんね」
・・・首が通常より伸びている、首が人並みでない、首が鞭打ち・・・
という三段活用が頭の中を駆け巡る中、年末年始で正規営業?中ではない為、
正月明けに診断書なども出すため再来院の約束をしひとまず診断室をでる。

すると相手のタクシー会社の上司らしき人が声をかけてくる
「被害者の方ですか?」
病院の費用はすべてタクシー会社へ請求してもらうことにしひとまずお別れ。
後日事故係から連絡があるそうだ。

スポンサードリンク



posted by YAMAHA at 04:49| Comment(0) | タクシーと交通事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

カスタム

まずは見た目が大事。見た目=外観ではない!バイクの命は視認性。
と昔の偉い人が言ったらしい、とにかく私にとっては大事。
用品ショップで悩むこと小一時間、ヘッドライトバルブを交換。

第二の改造ポイントそれはスパークプラグ。
毎朝に嫌気がさした八月の夕焼け、パーツショップにふと立ち寄った。
XT250X用のイリジウムプラグ。NGKの適合表にXT250X用のイリジウムは無かった。
が、デンソーの適合表にはあった。たしかにそこにあったのだ。

最 高 で す
始動性もすごいし低速トルクもまるで、エンジンが別物のように太くなりいいことずくめ。
2000円でこの満足度を得られるとは・・これがイリジウムパワー

スポンサードリンク



posted by YAMAHA at 20:59| Comment(0) | XT250X | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

購入のきっかけ

直前に乗っていたヤマハのTW225が高速道路でエンジンブローした。
台車を探しに言ったお店で一目みた瞬間に即決。
カッコイイ、て安い。アクセルを捻ると走り出す、感動。
モタードなのにシート高が低い。
速度にかんしてはWRもXTXも変わらないでしょ。WR乗ったことないから
知らないけどエンジンが違うくらいでそんなに変わったらアホ臭くてだれもXTXなんて買わないでしょ。
個人的にはXTXでも十分に速い。
嘘かと思われるかも知れないけど自動車道で120km/h位でマジでR1を抜いた。
つまりはR1ですらXTXには勝てないと言うわけで、それだけでも個人的には大満足です。

スポンサードリンク



posted by YAMAHA at 20:59| Comment(0) | XT250X | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。